珪砂とソーダ灰等のアルカリを原料として製造される 珪酸ソーダは、Na2O・nSiO2の組成を有し、産業資材から生活空間に至るまで 限りなく広い範囲で使用されています。

当社では、昭和36年に鋳物砂のバインダーとして製造を開始し、その後、紙・パルプ用、医薬品の原料、土建用等をはじめ、あらゆる工業の領域に利用の途が開かれ、それにつれて銘柄数も増えていきました。

 用 途 

  • 土木工事用(グラウト工法等)
  • 紙・パルプの漂白 及び 古紙の脱墨工程
  • 医薬品の原料
  • ゼオライト・シリカゲル・ホワイトカーボン等の原料
  • 鋳物用バインダー
  • 石鹸の添加剤・合成洗剤のビルダー

 製品規格例 

珪酸ソーダ 製品規格例

※ ここに記載した製品規格は、代表的な製品例です。
この他に、お客様の用途、使用目的に応じた 珪酸ソーダを製造いたしておりますので、ご用命、ご相談下さい。

※ 珪酸ソーダの物性と用途は、モル比によって異なります。
上表に、目安として モル比を記載いたしました。また、モル比の計算式 及び 重量比とモル比の関係式を 以下に示します。
 モル比 = SiO2の分子数 ÷ Na2Oの分子数 = (SiO2% ÷ Na2O%)× 1.032

 参考値(JIS規格) 

珪酸ソーダ JIS規格

 荷 姿 

  • タンクローリー車 3 ~ 10t
  • 1 m3 コンテナー
  • 200 L ドラム缶
  • 18 L 缶

 取り扱い時の注意 

  • 容器は、必ず蓋を閉めておいて下さい。(表面が固化する場合があります。)
  • 漏洩時は、砂等で防壁を作り 周囲への流出を止めた後、できるだけ回収し、その後 中和剤で処理して下さい。
  • 被服 或いは 作業服に付着した場合は、水で十分に洗って下さい。
  • 皮膚についた場合は、速やかに多量の水で洗い流して下さい。
  • 目に入った場合は、流水で15分間以上洗浄し、直ちに医師の手当てを受けて下さい。
  • 取り扱う場合は、皮膚や目 及び 作業服に直接触れないように、防護眼鏡・ゴム手袋・ゴム長靴等の保護具を着用して下さい。

 関連規格 

既存化学物質 1-508
CAS No. 1344-09-8
JIS K 1408 けい酸ナトリウム(けい酸ソーダ)